相続税 改正のポイント〜平成27年1月1日以後〜


  平成27年1月1日以後に発生した相続について、相続税の基礎控除の縮小などにより、

 相続税の課税対象者が大幅に増加することが見込まれています。

  このページでは、改正事項等のポイントをご紹介いたします。

 

 基礎控除の縮小

         (現  行) 5,000万円+1,000万円×法定相続人

                      

         (改正後)  3,000万円+ 600万円×法定相続人

      <例:法定相続人が3人の場合>

           (現  行)5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円

           (改正後)3,000万円+1,000万円×3人=6,000万円

         ⇒ 課税対象額が7,000万円の場合、現行制度では基礎控除内なので、

           相続税は課税されませんでしたが、改正後は基礎控除額を控除した

           1,000万円に対して相続税が課税されます。


 相続税率のアップ

   (クリックで拡大)

相続税改正H27.01.jpg

  相続税が改正されることにより、課税対象となる方はこれまでの4.1%から6.0%へ増加

する見込みであることが国税庁より発表されています。

 まずは、ご自身が課税対象者となるのか、相続税の節税策で何か良い方法はないのか、

当社では初回相談を無料で受け付けております。(詳細はこちらをクリック

 お気軽にご相談ください。

▲このページのトップに戻る