「相続」を「争続」にしないために

 自己が相続人になるケースというのは、一生のうちで何回あるでしょうか。親や兄弟からの相続、もしくは代襲相続人として相続人になるケースもあるでしょう。しかしながら、ほとんどの方が相続によって財産を受け取る経験が少ないため、いざ相続が発生した際、相続財産としての現預金や不動産に我を忘れ、被相続人の死亡後に気が付いたら「争続」と化しているケースも多々見受けられます。


 これを防ぐ方法として、2つご紹介いたします。

 詳細は、それぞれのページにて紹介しておりますので、ご覧ください。

 

  遺言書を作成する

  相続時精算課税制度を活用する


 なお、当事務所では、相続税や贈与税をはじめとして税の相談(事前予約制)を随時受け付けております。詳細はお気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップに戻る