相続サポート業務

 平成27年1月1日以降、相続税法改正により、従来の税制では相続税が課税されなかった財産・相続人であっても、改正後は相続税が課税される可能性があります。

 将来見込まれる相続税を極力少なくし、大切な配偶者・お子様などに多くの資産を残すために、どのような方法を取るのが良いか、悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

 相続は一度の人生で、何回も経験することではありません。相続税の対策を行う上で最も重要なことは、多くの情報を効率よく収集することに尽きます。

 「相続」という言葉が頭の中にポッと出てきたときに、留意していただきたいことをこちらのページにまとめましたので、ご参考ください。

 

 当事務所では、お一人ずつの実情・ご要望等を踏まえて、相続に係る一切の業務をお手伝いさせていただきます。


 生前の総合サポート

 相続が発生する前に、お客様の実情・ご要望等をお伺いいたします。その上で、現時点における財産や相続人を確定させて、財産目録等を作成いたします。この段階ではあくまでも見込みですが、相続税の概算を確認することが出来ますので、実際に相続が発生した後で、急いで納税資金をご準備するというご負担を和らげることが可能になります。

 また、相続税の納税資金として、生命保険ご加入が有効と判断した場合は、ご提案もさせていただいております。

 (生命保険のご加入は、お客様のご判断によりますのでご安心ください。)


 相続開始後のサポート

 一口に「相続」とは言っても、相続開始後の作業は千差万別です。

 相続税は税理士、登記は司法書士、円滑に相続手続きが進まなかった際は弁護士など、相続手続きを取り囲む専門家は数多くおりますが、これらの専門家を相続人自らが探し歩き、手続きを進めていくのは、大変な労力を必要としますし、専門家の連携が不足することで手続きに失敗するケースも多々見受けられます

 当事務所では、司法書士や弁護士をはじめとした各専門家と連携することで、弊社を窓口にして「相続税申告」のみならず、相続一連の作業をお手伝いさせていただいているため、お客様の労力のご負担は軽くなっております。


 業務完了後のサポート

 一連の相続手続きが完了した後、二次相続対策が必要となるケースがあります。また、申告後、税務署の抽出により税務調査の連絡がくるということもあります。当事務所では、相続税の申告が完了した後も、サポートさせていただきますので、ご安心ください。


相続税申告に係る料金体系は、こちらのページに記載しておりますので、ご参照ください。

▲このページのトップに戻る