相続時精算課税制度を活用する

 贈与を受けた際、贈与税の課税方法として「暦年課税」と「相続時精算課税」という2つの制度から選択することが出来ます。

 「相続時精算課税制度」を利用すると2,500万円までは非課税になるため、目先の納税資金の準備に窮することがないというメリットがある一方、一度この制度を選択すると「暦年課税」を利用することは出来なくなるというデメリットもあります。

 生前贈与は、将来の相続税額を圧縮させるためには有効な手段です。しかし、その反面、利用方法を間違うと後から大きな税金が発生する可能性も持ち合わせています。

 このため、生前贈与は特別な事情で急を要する場合を除いて、ご家族だけではなく税理士も交えて、十分なご検討をされることをおすすめ致します。

 (↓クリックでpdfファイルが開きます)

 贈与税.png

▲このページのトップに戻る